枝葉末節 › 独り言 › だいどこ

2017年08月11日

だいどこ

古民家のだいどこに、



おくどさん(へっついさん)は当たり前。


おくどさんがあった方がいい気持ちはわかります。

おくどさんで美味しいご飯を炊いて、

それを美味しくいただいて…というのは一つの価値観ですが、

慣れない人がおくどさんに火を入れて料理をするのは大変です。



 ↑ こんなことになって、

場所が場所なら消防車が駆けつけてくる事態に陥るケースだって…。


過去には過去の、現代には現代の生活事情があります。

変に過去に縛られてしまっては

不便さしか感じず、普段の生活に支障をきたしてしまいますよね。


現代の古民家リフォームの場合、

現場造りに特別なこだわりがないのなら、

水廻りに既成のユニットバスやシステムキッチンを

選ぶことも有力な選択肢のひとつです。


…ということで、久しぶりに行ってきました



 ↑ HDC神戸。


みっちり4時間、



見学&打ち合わせをし、たたき台のプランを作ってもらいました。

そう、まだあくまでもたたき台。


ここに来るといろいろ目移りしてしまうのが難点。


ゆっくり、急いで、決めましょうね。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu






同じカテゴリー(独り言)の記事画像
平成の大工棟梁検定 番外編
きっかけ
…だったらどうする?
当り前を少しアレンジする
最古級の便器
インスペクションの副作用
同じカテゴリー(独り言)の記事
 平成の大工棟梁検定 番外編 (2017-09-23 01:01)
 きっかけ (2017-09-22 01:06)
 …だったらどうする? (2017-09-21 01:32)
 当り前を少しアレンジする (2017-09-13 08:29)
 最古級の便器 (2017-08-26 23:15)
 インスペクションの副作用 (2017-08-25 21:30)

Posted by アーキスタジオ 哲 at 00:34│Comments(0)独り言
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。