枝葉末節 › 独り言

2017年11月01日

残すことと変える事

先日の長浜での耐震診断でクライアントは、



もう建替えないと仕方がないかな?と諦めていたが、

残せることになってとてもうれしい…と、

興奮気味にお話されていました。


ただ、今のままではなにかと不満もあれば問題もあるから改修される訳で、

そのいろんな問題点を解消する必要があります。


また、先日の伝統再築士講習のあと、



古民家の耐震性と寒さについていろんな疑問を持っていた、

耐震性については、講習の内容である程度払拭できたが、

断熱性についてはどうか?…という質問がありました。

現状はそうでも、

将来的には断熱性についてもう少しシビアに考える必要があるんじゃないか?

という内容でした。


たしかに、古民家の断熱はとても難しい問題で、

断熱を完璧にする事は可能なんですが、

いろんな条件を鑑みた結果、

そこそこ…というレベルまでで抑えてしまうケースも少なく在りません。


上のふたつの話はともに、

いろんな条件があるから…といういい訳は立ちますが、

クライアントの「良くなった」…という感覚に

甘えてしまっている部分は否定できません。


考えさせられる きっかけ を頂戴致しました。


ただ、過程としての 「今」 を飛び越して、

将来の完璧に辿り着くことは出来ません。


残すべきものと変えるべきものを十分に見極め、

一歩一歩、地に足をつけて進むことが私達には求められていることを、

改めて考えさせられた次第です。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 20:29Comments(0)独り言

2017年10月20日

次世代健康住宅FORUM2017

次世代健康住宅FORUM2017に参加しました。



身近にありながら、無頓着になっているカビ、

エネルギー問題とは違う角度から
断熱性能を評価するコールドダメージ・ヒートダメージ、

これも当たり前になっていて、
無頓着になっている電気製品のパイロットランプによる睡眠障害、

と、

オゾンによる床下殺菌、室内の空気汚染の少ないシーリング材などを

深過ぎず、浅過ぎない小気味いい説明で勉強させていただきました。

ありがとうございました。






アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 23:25Comments(0)独り言

2017年10月19日

建物に合った方法で…

ある打合せで、

建物に合った方法で検討してください

…という言葉を投げられました。

古民家リフォームでの構造検証の方法のお話している時の話です。


普通に考えれば、当たり前の話です。

合わない方法での検討は意味がない。





でも、そう簡単ではない…ことが多いのも現実です。


何倍ものコストが必要になったり、

そもそも検討する方法論が確立されていなかったり。


古民家の再築やリフォームの打合せでは、

そんな内容のご説明から始まることも多いです。


さて、なにか手立てを考えないと…。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 00:23Comments(0)独り言

2017年10月15日

こんなところに…

こんなところに、

どんな風に建てればいいのでしょう。



…といいながら、ちょっと楽しみだったりします。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 10:45Comments(0)独り言

2017年10月12日

少々さわります。

「蔵」です。

こんな建物を



今度、少々さわります。

ただ、この建物、

見た目とは少し違います。

細かいことは書けませんが…




アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 01:18Comments(0)独り言

2017年10月11日

数十年後の姿を思い描いてみる。

子供たちの数年後、十数年後、数十年後を、

期待を込めて想像するのは誰でもやること。

十数年後、数十年後の自分の姿を考えることも然りです。


でも、これから建てよう、買おうとする「家」の

十数年後、数十年後のことを考える方は少ないようです。


…というよりも、「家を買う」ことが多くなってしまった昨今、

私は分からないし、それは売る側の問題…と、

押し付けてしまっている人も多いような気がします。





覚えきれないほどの新建材や新しい工法。

我々でさえ知らない材料や工法を覚える事よりも、

「住」の本質、「家」の本質を、住教育で学んでみてはいかがでしょうか。


今月は、住生活月間です。



※住生活月間…国民の住意識の向上を図り、豊かな住生活を実現するための総合的な啓発活動を展開する月間。

※住教育…住まいやまちで、安全に安心して暮らしたいという思いや願いを「かたち」にし、住まいを文化として愛おしむ価値観を育て、住生活や住環境をより豊かに魅力的につくりあげていくための教育。




アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
  

Posted by アーキスタジオ 哲 at 01:54Comments(0)独り言

2017年10月07日

目立たせない改修

「ここは私が住むことになってたんだと思います。」

そんな言葉から始まった古民家再築計画。



思い通りに進まない時間もありましたが、へこたれず、

1期工事、2期工事…と徐々に完成形に近づける方法にシフトして工事開始。


一気に完成形にする工事の場合、

ここまで変ったよ!

…という出来上がりを求められることも多いのですが、

部分改修の連続で完成形を目指すこの再築は、

改修部分の見え方を改修前の他の部分と

如何に違和感なく見せるかに重点を置いています。

ですから、目新しさには欠けるのですが、

その分、安心感と落ち着きに満ちた土間空間となりました。



ということで、まずは1期工事が完了です。




アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu

  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 01:09Comments(0)独り言

2017年10月03日

季節感を身体と視覚で…

夏が終わり、



秋の行事のタイミングと、



天気と相談しながらの、



建具の入れ替え。

季節感を身体と視覚で感じる日本の文化。


冬から夏はそうでもないけど、

夏から冬は、まだ、なんとなく暑苦しい感じがする。


なにかに似た感覚だな…と考えていたら、

そう、学生服が冬服になった時と似ているのかな…と。


だから、する慣れるんですけどね…。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 23:56Comments(0)独り言

2017年09月23日

平成の大工棟梁検定 番外編

今回の大工棟梁検定は、

近畿職業能力開発大学校の施設をお借りして開催されました。



この先の12会場での検定も、

各地の職業能力開発大学校の施設をお借りして開催されます。


ですから、当然学生さんもおられます。

ちなみに学生さんも受験可能です。


今回は残念ながら受験者に学生さんはおられませんでしたが、

実技検定中に学生さんが見学に来られました。



学生さん達の無垢な好奇心に接すると、



ついつい親方衆の説明に熱が入ってしまいます。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 01:01Comments(0)独り言古民家再生協会

2017年09月22日

きっかけ

緊張して、練習ではもっとうまくできたのに…。

墨付けのとき、手が震えていた。


先日開催された、

平成の大工棟梁検定を受験した若い大工さんの言葉です。






座学では、受験者の方たちの緊張感を前にし、

講師にまでその緊張感が伝わってくる。






実技検定が始まる前には、

受験者は当然として、検定員も同じ様に緊張している。





少し身体を動かすとその場の雰囲気にも慣れる…というか、

動いていることで気がまぎれる…ということもあるのでしょうが、

静まり返ってた雰囲気と張り詰めた空気は、

緊張を増幅させる以外の何物でもなく、緊張感はMAXに…。





そんな半端のない、また普段とは全く毛色の違う緊張感のなかだから、

練習通りにできなくて当たり前だと思います。


受験者の方々の本気度は当然、検定員にも伝わり、

検定修了後はかなりの時間をかけて、



採点結果について議論していました。


技術論や人材育成論はいろいろあるのでしょうが、

「楽しかったです。」

という感想が印象に残っています。


プレカットに慣れ、普段手刻みをに接することが少なくなった大工さんが、

緊張して、思うようにいかなかった実技検定後の感想が「楽しかった。」です。


彼らは、ご自身の腕を上げる機会、磨く機会に飢えているのかもしれません。

そんな気がしました。





伝統工法や手刻みを意識するいいきっかけになれば、

裾野も広がるのではないでしょうか。


受験者の皆さんお疲れさまでした。

いい結果が出ることをお祈りしています。


そして、この検定の結果にかかわらず、

今後たくさんのいい経験を積んで、

立派な棟梁に成長して戴けることを期待しています。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu

  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 01:06Comments(0)独り言古民家再生協会