2018年06月01日

納まるかな?

納まるかな?


建物によって、いろんな条件があって、

そんな中に、

無理矢理 「現代」 をおさめようとしてるんだから、簡単にはおさまらない。

だから、天井裏を覗いてもらって、





寸法採って、まずは机上で検討。

やっぱり納まらない。


でもね、方法はあるはず…と考えて、調べて、考えると、

最終的には、苦も無く納まる数字になる…という数字のトリック。


実際はトリックでもなんでもなく、

メーカーの変更可能なオプションを知らなかっただけ。


ま、何でもいいけど、納まって良かった…。


その後の打ち合わせでも、もっといい案が出て、

それをアレンジして、完ぺきになりました。


あとは現場をおさめて戴くだけです。

棟梁、よろしくお願いいたします。m(__)m





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
建築
設計 大阪 京都 住宅設計 和風 木造 古民家 再生 古民家 伝統工法 在来工法 なんとなく心地いい 奇をてらわない 伝統再築士会 耐震診断 リノベーション わびさび wabisabi architecture design house modern renovation kominka vernacular cool sophisticated comfortable japanese style culture traditional


  

Posted by アーキスタジオ 哲 at 13:54Comments(0)建築独り言京都府・Y邸