枝葉末節 › 建築独り言

2017年08月22日

暗さもメリット

昨日UPした古民家カフェの心地よさを考えてみた。


まずはこの時期だから、

とりあえず火照った体を冷やすための「涼しさ」が一番なのは当たり前。

これがなければ快適にはならない。

快適でなければ心地よくはならない。


で、涼しさで身体が落ち着いた後は…というと、

五感に訴えてくるもの全てに嫌味がないことが必要条件。

この時点で嫌味を感じると、もう心地よさには結びつかない。

好みでなくてもいいので、嫌味がないことが大切です。


十分条件は、おそらくその時々で変化します。


この日、私が一番心地よかったのは「明るさ」です。

「明るさ」というよりは、

「暗さ」といった方がニュアンスが伝わりやすいのかもしれません。


容赦ない陽射しに照りつけられ、

火照った身体、まぶしさを感じ続けた目には絶妙な「暗さ」でした。

仕事の話もしましたが、書類を見るような話ではなかったため、

必要にして十分でした。


そしてその暗さが、

たぶん古民家でよくデメリットとして挙げられるぐらいの「暗さ」でした。



 
 ↑ 最近のカメラは性能が良くて、明るく撮れすぎますね。


とにかく今の日本の住宅は明るすぎるぐらいに明るいので、

あの「暗さ」はデメリットと感じる方が多くおられます。

暗さもメリットになり得ますよ…とお話しさせていただくても

中々納得いただけず、

明るく明るく…という方がまだまだ多いのが現実です。


タスク・アンビエント照明といって、

全体は明るすぎず暗すぎない調度よい明るさとしておいて、

作業などで明るさが必要な時には、

必要な明るさを必要な場所に追加する事。

そんな照明方法が主流になって来ているんですけどね。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 06:23Comments(0)建築独り言

2017年08月21日

古民家カフェ

まだまだ、暑さは続きます。


打合せを終え、

蚊に喰われながら、



この暑さの中での現調。

普段室内作業が多い分、身に応えます。


身に応えるので、

火照った体を冷ますため、

しばし「涼」を求めて ↓ 、



 ↑ こんな古民家カフェに入ってみました。


涼しくて、

心地よくて、

仕事の話もしながら、

お昼ごはんも戴いて、

少しばかり長居してしまいました。

ありがとうございました。


ところで、

最近、ブームなので、こういうお店が増えました。

でも、増えたと同時に、

「ん?」とか「あれ~?」って言いたくなるような

改装がなされているケースも増えました。


私たちの立場からすると、

ブームに乗ることよりも、

これを一過性で終わらせないこと、

そして、安全と安心と一緒にお届けする事の方が

大切なはずなんですけどね。






アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 07:17Comments(0)建築独り言

2017年08月04日

使命?愛情?

どうやって住んだらいいんでしょう?

色々穴も開いてるし、いろんなものが入ってくるし…。

住めるかどうか自信がない…。


そう言いながらも、住むことを諦めることない。



「ここには私が住むことになってたんだと思います。」

それは、ずっと以前に聞いた言葉。

結局、それは愛情なんじゃないか…と思ったりもする。


この間、どこだったかで蛇にかまれた子がいましたよね?

「ああ、ヤマカガシでしょ。

あれはうちの前に巣があって、時々前の道路を通っていくんですよ。

嚙まれるとキツイけど、なにもしなければ噛まないはずですよ。

よく知ってるでしょ。いろいろ調べたから。」


使命…とかの言葉の方が適切なのかもしれないけど、

でも、それも含めた愛情っていう言葉の方がしっくりくるような気がします。

お話ししていて、そんな風に思います。


これからいろいろと、簡単でないことも多いのでしょうが、



まずは水廻りの改修から…。




アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 00:42Comments(0)建築独り言

2017年08月02日

心地よさを体現する

すこし時間が経ってしまいましたが、

先日の伝統耐震実技講習は東京都内での開催。

東京都内といっても、五日市線。単線です。

東京とは思えないロケーション。



前日の古民家鑑定実技講習からの前乗りで、

比較的近くに宿泊していたのもあったのですが、

どこかにあると期待していたコーヒーで時間をつぶすところが見当たらず、

早く着き過ぎました。

東京でのこの状況は想定外でした。



で、この日は ↓ こんな古民家。



オーナーの熱烈な歓迎を頂戴し、講習を受講させていただきました。



一つ一つの進化を頭にたたき込みながらの勉強。

常に自分自身も進化させないと、付いて行けなくなりそうです。


勉強の後は、楽しい見学の時間。

生活感のあって、親近感が沸く、いい古民家です。



心地よさとは、住環境的な心地よさもありますが、



こういった親近感やオーナーのお人柄や

その古民家に対する愛情から伝わる心地よさもある訳で、



ここは、両方を合わせ持ったいい気持ちいい古民家でした。



曇りがちならではの蒸し暑さを感じる天候を吹き抜ける風が心地よく、

裏山に鎮座する神様も、



とても神秘的で、

堪能させていただきました。



間違わないでくださいね。ここは東京です。


本当に、お世話になりました。ありがとうございました。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu




  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 00:41Comments(0)建築独り言古民家再生協会

2017年07月20日

今日から住教育セミナー

今日からの「住教育セミナー in 京都」を前に、

最終の準備会議。



こんなもの ↑ まで飛び出して、

なにやら、目が離せない感じになってきました。


で、打合せのあとは、



このお店 ↑ で、

珍しくしっぽりとした懇親会。

しっかりと英気を養いました。


今日から、4ヶ所で計13の

「住」や「くらし」をテーマにしたセミナーが開催されます。



興味のある方、お近くの方、たまたまお時間のある方、

通りがかりの方でも…、

お気軽にご参加ください。

もちろん無料です。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 07:35Comments(0)建築独り言古民家再生協会

2017年07月01日

夏はすぐそこ

梅雨らしくない今年の梅雨だと思っていたら、

一昨日の夜中は、関西でも凄い雨でした。

大雨が続いたところもあるようですが、

まだまだお気を付けくださいね。


今年の夏は、またゲリラ豪雨の夏なのでしょうか?


さて、そんな梅雨ですが、雨が降っても降らなくても、

体にまとわりつく湿気の鬱陶しいこと。

で、暦を見ればもう7月。

ということで、





葦戸に変えて気分だけでも涼しげに…。

そんなことが出来るのが、和風空間のいいところでもあります。


閉める必要があるところは葦戸で間仕切り、

開放的でいいんだけど意識の中で空間は仕切りたい、

そんなところに御簾で結界を…。






日本的な精神性にあふれ、涼しげな装置。

こういった精神性も次世代に受け継ぐべき日本の財産です。


建具の収納場所に困るのと、

建具の入れ替えがたいへんなのが難点ですけどね。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 06:02Comments(0)建築独り言

2017年06月24日

自然の中でのびのびと…2

お父さんがちょっと寂しくなった昨日の話でしたが、

先日古民家インスペクションでお伺いした古民家は、

リノベーションにより、育児や出産のための「育みの郷 産院施設」

として生まれ変わるそうです。




ロケーションが抜群のこの建物ですから、

その着想に納得させられました。


長い時間をかけて「ひと」との絆を深めてきた古民家で、

ゆったり流れる空気と豊かな緑と広い空に包まれ、

自然の中でのびのびと、

やさしくて強い子になりそうな気がします。


なんとなくワクワクする企画なので、個人的にも今後の展開に期待しています。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


2017年06月14日

お宅の耐震大丈夫ですか?

耐震が気になってるんです。

と、15年ほど前にお世話になったクライアントからのお問合せが…。


細かいことを言いだすとキリがないのですが、

新耐震以降だし、壁量も足りてる建物なのになぜ?と聞くと、


「お宅の耐震大丈夫ですか?」

…という飛込み営業が度々来るので段々不安になって来た…と。


ちゃんとご説明して、一応は納得してもらいましたけど、

何らかの「安心」の根拠をお届けする必要がありそうです。





安心の押し売りのために不安を煽る。

解せない話です。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 02:07Comments(0)建築独り言

2017年06月13日

時間軸

木、土、紙、布、草 ・ ・ ・ ・ ・ などは、

日本の建築を支えてきた自然の素材です。



それらが建築材料になった時、

「調質効果」と呼ばれる性能のあるものがほとんどです。



日本の建築は、

そんな材料で建てられることによって、

必然的に日本の気候風土に適応していましたし、



それらの建築材料自体も、

気候風土に合わせて進化してきた…という側面があります。

空間の快適性というのも、

素材の性能で左右される部分が多いような気がします。



しかし今の建築は新建材で包まれています。

新建材と呼ばれる建材には、そんな時間軸がありません。

目に見えない大きな差が、そういう視点なのかもしれません。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 01:54Comments(0)建築独り言

2017年06月10日

ご要望は?

お話を聞き始めて、

すぐにイメージを語りはじめる方、

なかなか出てこず、もう一度整理したいから…と持って帰られる方、

いろんな方とお話しさせていただきます。





…で、いただけるお答えはというと、

部屋数はいくつで、

リビングはこうで、

全体的には、こんな感じ…。

こんなお返事が多いんです。


わかりますけどね。

形にした方が具体的に考えやすいから。

でもね、ちょっと考えてみてください。

本来、どんな家なのかは、暮らし方で決まるはず。

頭の中には、そんな具体的なイメージよりも、

もっと曖昧な暮らし方のイメージがあるはずなんです。


その曖昧さを、

『こんな暮らしがしたいんです!』という風に表現してくれる方が、

もっと沢山いてもいいはずなんですけどね。


経験的に、そんな方からのご依頼の方が、

出来上がった時のお互いの満足度も高い気がします。


曖昧さが、思わぬお互いの想像力を引き出すのかもしれません。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 13:43Comments(0)建築独り言