枝葉末節 › 建築独り言

2017年06月24日

自然の中でのびのびと…2

お父さんがちょっと寂しくなった昨日の話でしたが、

先日古民家インスペクションでお伺いした古民家は、

リノベーションにより、育児や出産のための「育みの郷 産院施設」

として生まれ変わるそうです。




ロケーションが抜群のこの建物ですから、

その着想に納得させられました。


長い時間をかけて「ひと」との絆を深めてきた古民家で、

ゆったり流れる空気と豊かな緑と広い空に包まれ、

自然の中でのびのびと、

やさしくて強い子になりそうな気がします。


なんとなくワクワクする企画なので、個人的にも今後の展開に期待しています。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 06:33Comments(0)建築独り言古民家再生協会

2017年06月14日

お宅の耐震大丈夫ですか?

耐震が気になってるんです。

と、15年ほど前にお世話になったクライアントからのお問合せが…。


細かいことを言いだすとキリがないのですが、

新耐震以降だし、壁量も足りてる建物なのになぜ?と聞くと、


「お宅の耐震大丈夫ですか?」

…という飛込み営業が度々来るので段々不安になって来た…と。


ちゃんとご説明して、一応は納得してもらいましたけど、

何らかの「安心」の根拠をお届けする必要がありそうです。





安心の押し売りのために不安を煽る。

解せない話です。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 02:07Comments(0)建築独り言

2017年06月13日

時間軸

木、土、紙、布、草 ・ ・ ・ ・ ・ などは、

日本の建築を支えてきた自然の素材です。



それらが建築材料になった時、

「調質効果」と呼ばれる性能のあるものがほとんどです。



日本の建築は、

そんな材料で建てられることによって、

必然的に日本の気候風土に適応していましたし、



それらの建築材料自体も、

気候風土に合わせて進化してきた…という側面があります。

空間の快適性というのも、

素材の性能で左右される部分が多いような気がします。



しかし今の建築は新建材で包まれています。

新建材と呼ばれる建材には、そんな時間軸がありません。

目に見えない大きな差が、そういう視点なのかもしれません。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 01:54Comments(0)建築独り言

2017年06月10日

ご要望は?

お話を聞き始めて、

すぐにイメージを語りはじめる方、

なかなか出てこず、もう一度整理したいから…と持って帰られる方、

いろんな方とお話しさせていただきます。





…で、いただけるお答えはというと、

部屋数はいくつで、

リビングはこうで、

全体的には、こんな感じ…。

こんなお返事が多いんです。


わかりますけどね。

形にした方が具体的に考えやすいから。

でもね、ちょっと考えてみてください。

本来、どんな家なのかは、暮らし方で決まるはず。

頭の中には、そんな具体的なイメージよりも、

もっと曖昧な暮らし方のイメージがあるはずなんです。


その曖昧さを、

『こんな暮らしがしたいんです!』という風に表現してくれる方が、

もっと沢山いてもいいはずなんですけどね。


経験的に、そんな方からのご依頼の方が、

出来上がった時のお互いの満足度も高い気がします。


曖昧さが、思わぬお互いの想像力を引き出すのかもしれません。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 13:43Comments(0)建築独り言

2017年06月02日

素材を感じてみる

素材、素材っていうけど、

好みの問題じゃないんですか?


聞かれたことがあります。

私は「〇〇」が嫌いだから、クロスでいいです…とも。


そして確かに好みの問題です。


で、なにが違うのか?

それは敏感に感じとれるかどうかで違ってくるような気がします。


視覚だけで感じとると、

見た目が似たものなら予算に合わせて…となってしまいがちですが、

素材によって、空気感が変ります。





石だとひんやりした感じ、どちらかというと金属的な冷たさに近いかな…。

土だと、ひんやりした引き締まった空気の中に何となく柔らかさが、

紙だと、空気も見た目もぼんやりと柔らかくなり、

布だと、もっと柔らかく、温かい感じがするかな。

木だと、材種にもよりますが、温かさに加えて、

視覚的な柔らかさと嗅覚を刺激する木の香りが漂います。


何となくわかる気がしませんか?

特殊な技術ではありませんよ。

たぶん、気持ちの余裕です。


そして今の建築の内装仕上げ材のなかで

最もポピュラーなビニールクロス、これはどうでしょう。

空気感ってあるかな?


強いて言えば、クロス糊の臭い?


もちろん素材による効果だけでなく、

人間の感覚に訴える装置はいろいろありますが、

よりシンプルな空間では、

そんな空気感に印象のすべてが支配されることも多いです。


空間にとって、

視覚は一番表現しやすく、訴えかけ易い感覚なのかもしれませんが、

空気感…っていう観点から素材を選んでみると、

日々の生活にもいい意味での繊細さが生まれるのかもしれません。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 01:48Comments(0)建築独り言

2017年05月16日

蔵戸の底力。

ファサードのデザインをお手伝いさせていただいたお店の

プレオープンにお邪魔しました。


予算を極力抑えて…と考える中、

「蔵戸ならありますよ」という一言が、

私の頭の中のすべてを整理してくれました。


古材の建具、しかも重厚な蔵戸は、

それだけのインパクトと説得力を秘めています。

もうそれだけでファサードの印象を独り占めにしてくれるはずで、

今回の物件には最適な和風の強力なエレメントです。


で結局、




こんな ↑ 使い方ででき上りました。



ご主人の人柄がにじみ出たやさしい味の鉄板焼き・お好み焼き屋さんです。

沢山お客さんが入ってくれますように…。



追伸

窓からは



 ↑ こんな景色が見えるこのお店で、

ご主人おすすめの焼酎に衝撃を受けました。




アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu

  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 10:07Comments(0)建築独り言建築雑記帳

2017年05月13日

既存住宅状況調査技術者講習

「既存住宅現況検査技術者」が、

「既存住宅状況調査技術者」へと移行されるにあたり、

その移行講習を受講しました。



最後には試験もあり、結果は後日。


一日講習は、やっぱりつらい。



アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 23:57Comments(0)建築独り言古民家再生協会建築雑記帳

2017年05月01日

長浜で伝統耐震診断

長浜の ↓ 伝統耐震診断に伺ったお宅です。




茅葺を包む屋根が特徴的です。



アプローチもなかなかの雰囲気でした。

で、早速準備して、



耐震診断。



またいろいろと気付きがあって、

勉強させていただきました。


今日は、この方 ↓ のお手伝いでしたが、



無事に終了いたしました。

ありがとうございました。




アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu   


Posted by アーキスタジオ 哲 at 09:12Comments(0)建築独り言

2017年04月27日

雨音

美山の茅葺の家にお邪魔しました。

2度目の訪問です。



茅葺屋根に飲み込まれる雨音。

田んぼから届くカエルの声。

ゆっくり流れる時間。

時間と空間が、

周辺の景色とともに形成された空気感の、

大きな包容力に包まれています。


晴れた日もいいけど、雨の日もいいな…と

久しぶりに雨音に聞き入ってしまいました。


でも、実はこの建物、古民家ではありません。


また来月お伺いします。

よろしくお願いいたします。



アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu


  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 02:00Comments(0)建築独り言

2017年03月07日

香川県で伝統耐震診断

過日、香川県に伝統耐震診断にお邪魔させていただきました。





またひとつ勉強させていただき、

帰りの道中にその余韻に浸っていると、

行きの車窓から見えたこんな景色が、



帰りは漆黒の闇に変っていました。




アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 11:17Comments(0)建築独り言古民家再生協会建築雑記帳