2018年06月01日

納まるかな?

納まるかな?


建物によって、いろんな条件があって、

そんな中に、

無理矢理 「現代」 をおさめようとしてるんだから、簡単にはおさまらない。

だから、天井裏を覗いてもらって、





寸法採って、まずは机上で検討。

やっぱり納まらない。


でもね、方法はあるはず…と考えて、調べて、考えると、

最終的には、苦も無く納まる数字になる…という数字のトリック。


実際はトリックでもなんでもなく、

メーカーの変更可能なオプションを知らなかっただけ。


ま、何でもいいけど、納まって良かった…。


その後の打ち合わせでも、もっといい案が出て、

それをアレンジして、完ぺきになりました。


あとは現場をおさめて戴くだけです。

棟梁、よろしくお願いいたします。m(__)m





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
建築
設計 大阪 京都 住宅設計 和風 木造 古民家 再生 古民家 伝統工法 在来工法 なんとなく心地いい 奇をてらわない 伝統再築士会 耐震診断 リノベーション わびさび wabisabi architecture design house modern renovation kominka vernacular cool sophisticated comfortable japanese style culture traditional


  

Posted by アーキスタジオ 哲 at 13:54Comments(0)建築独り言京都府・Y邸

2018年05月28日

悩みに悩んで、さて次は…

悩みに悩んでキッチンの配置が決まりました。


どれぐらい悩んでいただいたのかは定かではありませんが、

使える時間をたくさん使って、たくさん悩まれたことだと思います。


では、いざ、ショールームへ。


古民家ライフを楽しめるようにとか、

将来、元に戻したくなったら戻せるようにとかを、

ちゃんと考えた上でのリフォームなので、

古民家だって、現代の生活に合わせて、

新しくするものはどんどん新しくしますよ。


で、今回は神戸駅直近の ↓ ここ。



たくさん集まってるから便利だしね。


到着したのは、約束の15分前。

なんにも気にせず入ろうとしたらガードマンに

「すみません、まだオープン前です。」

って止められました。(>_<)


そんなこんなで、コーディネーターに案内されるままに物色開始。



 ↑ こんな感じで3時間。

一通り、決めるべきものを決めてもらいました。

あとはプランが出来上がるのを待つだけです。


…が、今日はこれで終わりではなく、もう一社。

同じ作業の繰り返し。


午後になって来場者が増えたのか、人に良くぶつかること。

基本的に、お互いあんまり人を見てないですからね。


こちらもようやく一通りのものを決め一休みしていたら、

「蛍の光」が流れてました。(>_<)


開店から閉店までの長い道のりでしたが、

実際のものを見て、

すこしイメージが現実に近づいて、

またひとつ前進です。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
建築
設計 大阪 京都 住宅設計 和風 木造 古民家 再生 古民家 伝統工法 在来工法 なんとなく心地いい 奇をてらわない 伝統再築士会 耐震診断 リノベーション わびさび wabisabi architecture design house modern renovation kominka vernacular cool sophisticated comfortable japanese style culture traditional







  

2018年05月23日

悩みますよね…

古民家のリノベーション現場へ打合せに…。


今日の最大のテーマは、キッチンのレイアウトをどうするか?


まずは当初の案に加え、

ご要望で作ったプラス二案を図面でご説明。


私もちょっと頑張ったので、甲乙つけがたい3つの案に、

(と言いながら、私なら 「これ!」 は決ってますけどね。)



自分達の生活を重ね、

さらに生活動線を想像しながら図面と現地を見比べながら悩む奥様。


いろんな人に聞くと、

悩んでいるこの瞬間が楽しかった…と言うお声もお聞ききするので、

敢えて聞かれたこと以外は答えないようにしましたが、

予想以上に、かなりじっくりと考えておられました。


で、結局答えは後日。


そりゃあ、悩みますもんね。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
建築
設計 大阪 京都 住宅設計 和風 木造 古民家 再生 古民家 伝統工法 在来工法 なんとなく心地いい 奇をてらわない 伝統再築士会 耐震診断 リノベーション わびさび wabisabi architecture design house modern renovation kominka vernacular cool sophisticated comfortable japanese style culture traditional
  

Posted by アーキスタジオ 哲 at 23:48Comments(0)建築独り言京都の建築と雑記帳京都府・Y邸

2018年04月09日

古民家再生の現場で…

古民家再生の現場で、



工事のためにあげた畳を机代わりに、



耐震性能の現状と補強についての考え方を説明させていただきました。



現地は形のイメージがしっかりと可視化できる状態になり、

既に、その仕上りのイメージを放ち始めています。



庭では、来年の冬に備えて、ご主人の薪割作業が続いていました。




アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
建築 設計事務所 大阪 吹田 豊中 北摂 京都 住宅設計 和風 和室 木造 古民家 古民家再生 古民家耐震 伝統工法 在来工法 なんとなく心地いい 奇をてらわない 伝統再築士 伝統再築士会 伝統再築士会京都支部 耐震診断 リフォーム リノベーション わびさび wabisabi architect office studio design architecture house modern interia exteria renovation kominka vernacular t cool sophisticated comfortable japanesestyle japaneseculture japanesetraditional vernacular  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 01:58Comments(0)建築独り言京都府・Y邸

2018年03月11日

イメージが形に…

少しづつイメージが形になって来る。



形が空間を構成し始める。



いまの緊張感が極限かも知れない。

自分のイメージと現場が合っているのか?

図面で、頭の中でのイメージが、

現実と大きく外れていないかどうか?

そして、外れていないとして、

それが本当にいい空間になっているのかどうか?



古民家の改修では、

予期せぬことが起こることも多いので、

イメージを固定し過ぎないで、

柔軟性を持ちながら考えてはいるのですが、

この時期のそんな不安は、

ずっと拭い去ることは出来ないのかもしれません。


でも、そんな不安があるから、

現地で思い描いていたものと大きく違わないことを確認してほっとする。

これがたまらない。


そんな時期です。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
建築 設計事務所 大阪 吹田 豊中 北摂 京都 住宅設計 和風 和室 木造 古民家 古民家再生 古民家耐震 伝統工法 在来工法 なんとなく心地いい 奇をてらわない 伝統再築士 伝統再築士会 伝統再築士会京都支部 耐震診断 リフォーム リノベーション わびさび wabisabi architect office studio design architecture house modern interia exteria renovation kominka vernacular t cool sophisticated comfortable japanesestyle japaneseculture japanesetraditional vernacular  


2018年02月24日

解体が進むにつれて…

解体が進んでくる。



解体する前に確認できなかった箇所が徐々に見えてくる。



…とともに、想定で描いていた図面の納まらないところが見えてきて、

少しづつ訂正をかけ、現実に近づけていく。

現実とイメージと使い勝手のせめぎ合い…といったところでしょうか。


だから、もう少し時間が必要みたいです。

その間に、



傷んでいる箇所は、先に直しておきましょう。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
建築 設計事務所 大阪 吹田 豊中 北摂 京都 住宅設計 和風 和室 木造 古民家 古民家再生 古民家耐震 伝統工法 在来工法 なんとなく心地いい 奇をてらわない 伝統再築士 伝統再築士会 伝統再築士会京都支部 耐震診断 リフォーム リノベーション わびさび wabisabi architect office studio design architecture house modern interia exteria renovation kominka vernacular t cool sophisticated comfortable japanesestyle japaneseculture japanesetraditional vernacular  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 17:46Comments(0)京都の建築と雑記帳古民家京都府・Y邸

2018年02月19日

どんな空間にするか…どんな空間になるか?

改修部分の解体が進んだので、現地を確認。

天井が解体されて骨組みが露わになったので、



実測しながら、どんな空間にするかを長考。



次に、どんな空間になるかを更に長考。



簡単な納まりを打合せ。



これで想定と空想だったプランが、

現実の空間としてのイメージに変わったので、

帰って図面を描いて再確認しよっと…。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
建築 設計事務所 大阪 吹田 豊中 北摂 京都 住宅設計 和風 和室 木造 古民家 古民家再生 古民家耐震 伝統工法 在来工法 なんとなく心地いい 奇をてらわない 伝統再築士 伝統再築士会 伝統再築士会京都支部 耐震診断 リフォーム リノベーション わびさび wabisabi architect office studio design architecture house modern interia exteria renovation kominka vernacular t cool sophisticated comfortable japanesestyle japaneseculture japanesetraditional vernacular  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 22:14Comments(0)建築独り言京都の建築と雑記帳古民家京都府・Y邸

2018年01月08日

解体清祓いの儀

まもなく工事にかかる

古民家再生・リフォームの現場において



解体清祓いの儀を執り行いました。




これまで長年にわたり、

何事もなく無事に過ごさせていただいた感謝の気持ちを表すとともに、

取り壊しの事情を奉告し、

また、お許しをいただき、工事が無事終了するように祈願致しました。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
建築 設計事務所 大阪 吹田 豊中 北摂 京都 住宅設計 和風 和室 木造 古民家 古民家再生 古民家耐震 伝統工法 在来工法 なんとなく心地いい 奇をてらわない 伝統再築士 伝統再築士会 伝統再築士会京都支部 耐震診断 リフォーム リノベーション わびさび wabisabi architect office studio design architecture house modern interia exteria renovation kominka vernacular t cool sophisticated comfortable japanesestyle japaneseculture japanesetraditional vernacular  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 00:54Comments(0)京都の建築と雑記帳古民家京都府・Y邸

2017年09月13日

当り前を少しアレンジする

古民家再築のご相談。


こんな風にしたいんだけど、

動線が面倒になるのがどうなの?…と。





思考のハードルとなっていた「当たり前」を、

少しだけ発想を転換して斜めから見てみると、

大きな問題だと思っていたことが、

大した問題でなくなってしまうことがよくあります。


そして、その一点のハードルが下がると、

話は自然に次へと展開していきます。


その発想の転換について、

その場にいる人がそれぞれにいいイメージを共有出来ていたら、

いいものになるはずです。


今回は特に古民家だったから、

特にそのハードルが高く感じたのかも知れませんが、

きっといいものになりますよ。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
建築 設計事務所 大阪 吹田 豊中 北摂 京都 住宅設計 和風 和室 木造 古民家 古民家再生 古民家耐震 伝統工法 在来工法 なんとなく心地いい 奇をてらわない 伝統再築士 伝統再築士会 伝統再築士会京都支部 耐震診断 リフォーム リノベーション わびさび wabisabi architect office studio design architecture house modern interia exteria renovation kominka vernacular t cool sophisticated comfortable japanesestyle japaneseculture japanesetraditional vernacular  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 08:29Comments(0)京都府・Y邸