2018年05月30日

当たるも八卦…

下の図はwikipediaより拝借したものですが、


参考にしてください…と

クライアントから八卦の図を頂戴しました。




八卦といえば、易。

六十四卦がどうのとか、統計学がどうのとか、

細かいことを言いだすとここでは収拾がつけられなくなるので、

今回の場合、家相に限って書きますと、


家相を単なる迷信と笑い飛ばす人もいれば、

科学的な根拠を証明した建築家の先生もいたり、

未だに気にしながら間取りを考える方が多いのも現実です。


技術が未熟な時代には、

住みよく失敗しない家を作るためのノウハウだった…と言う側面もあるから

古民家に家相盤を重ねてみても、

あまりに悪い古民家には出くわしたことはありませんが、

一部、家相の根拠になっていた事象を

科学や技術で解決出来た部分もあって、

また、昔と違って敷地や建物に制約が多い現代においては、

守ることが難しくなっているのも現実です。


で、結果的には、

守ることで住みよさや快適性が著しく圧迫されるというケースでは、

強いて守リ抜く必要もないだろうし、

あまり気にし過ぎるのもちょっと違うかな…と思います。


でも、守らないことが気になってしまう方は、

守れる範囲で守ることで、少しばかりの安心感が得られるなら、

守るべきなんじゃないかな、

…とも思います。


要するに、バランスよく…ということでしょうか。


怒られちゃうかもしれませんが、

当たるも八卦、当たらぬも八卦ですからね。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
建築
設計 大阪 京都 住宅設計 和風 木造 古民家 再生 古民家 伝統工法 在来工法 なんとなく心地いい 奇をてらわない 伝統再築士会 耐震診断 リノベーション わびさび wabisabi architecture design house modern renovation kominka vernacular cool sophisticated comfortable japanese style culture traditional


同じカテゴリー(建築独り言)の記事画像
照明を変えたら…
納まるかな?
悩みますよね…
代案を…
役所からの連絡で…
成果を持って…
同じカテゴリー(建築独り言)の記事
 照明を変えたら… (2018-07-04 17:05)
 納まるかな? (2018-06-01 13:54)
 悩みますよね… (2018-05-23 23:48)
 代案を… (2018-05-21 08:49)
 役所からの連絡で… (2018-05-17 00:24)
 成果を持って… (2018-05-12 00:35)

Posted by アーキスタジオ 哲 at 21:52│Comments(0)建築独り言
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。