アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所 の blog / 枝葉末節

2017年01月24日

こだわり

ここ数日で書いたことを振り返ってみて、

ちょっと気になったので、「こだわり」を辞書で引いてみた。

引用は、たぶん私が中学の途中か高校ぐらいから使っている旺文社の国語辞典。


「こだわる」

①かかわる。拘泥する。

②わずかの事に文句を言う。


なるほど、「拘泥する」…か。





ちなみに前述の国語辞典で 「拘泥する」 を引くと、

「こだわること」。 (-_-;)


仕方がないので、goo国語辞書。

「こだわること。必要以上に気にすること。」


必要以上に…というところがミソなのかな?


この言葉の印象が少しだけ変わった気がします。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu
  
タグ :ひとりごと


Posted by アーキスタジオ 哲 at 22:18Comments(0)独り言

2017年01月23日

どんなのでもいいよ…。

一方で、こだわりはない…と言われる方もおられます。


どんな家をご希望ですか?

使いかたとか、こんな部屋が欲しいとかはありますか?

など、何を聞いても「あんまりないんですよ」の返事。

こだわりが強すぎるのも困りますが、

こだわりが無さすぎるのも、計画の糸口を見つけるのが大変なこともあります。





でも、こんな方ってよく話してみると、

形とか部屋の構成や仕上には興味がなくて特別な希望はないんですが、

暮らし方に強いこだわり持っていたりします。


ですから、最初の受け答えは、

ある軸になる暮らし方があって、それが守られていれば、

あとは柔軟に対応するからお任せします…という意味なんでしょうね、たぶん。


だから、冒頭の質問には回答が見つけられないんですが、

どんな暮らし方を考えておられますか?という質問には、

これこれこんな…っていう答えが返ってくる。

で、ひとつ答えが出るとどんどん出てきて、

お気に入りの家具があって、その家具が似合う家にしてほしい…とか、

最初の質問の答えになってもいいような答えが、ちゃんと出て来たりします。


で、答えが出始めると、いろんなストーリーが出来始めるので、

即物的なこだわりを示されるよりもずっとやり易かったりもします。

一概には言えませんけどね。


要するに、新しい家に何を求めておられるのか?で、

私の質問の意味が読み取れないケースがあるということ。

私がちゃんと理解し、ご希望を聞き出すテクニックも必要だということですよね。

ここも、まだまだです。






アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu




  
タグ :ひとりごと


Posted by アーキスタジオ 哲 at 05:14Comments(0)独り言

2017年01月20日

情報の選択

最近は、あらゆることがネットで検索できる時代です。

一般的な工法、一般的な材料に関しては、

まだまだ我々の方が肌で感じている分だけアドバンテージがあると思いますが、

特殊な建材や新建材、特殊な工法に関しては、

ネット検索での情報収集に長けた一般の方の方が

豊富な知識があることも増えてきました。





一昔前なら、「こんなのどうですか?」と

我々から提案し、

「こんなのあるんですか?」

と返されていた言葉のキャッチボールが、

すっかり逆になっていることも多いのが現実です。


とはいえ、こと建築材料や工法に関しては、すべてにメリットとデメリットがあって、

状況に応じてメリットとデメリットを検証し、都度選択しています。

通例的に使っている物で、検討せずに選ぶものはありますが、

新しいものを盲目的に選択するのはすごく危険なことだと思っています。


私は、迷ったときには、

できるだけ歴史が長い伝統的なものを選択するようにしています。

昨今では、予算的に難しいことも少なくないですが、

なんといっても、日本で培われ、長い時間をかけて改良され、

また、いろんな新しいものとの競合で淘汰されながら生き残ってきた文化ですから、

将来的なことを考えてもこんなに安心なものはありませんよね。







アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  
タグ :ひとりごと


Posted by アーキスタジオ 哲 at 23:59Comments(0)独り言

2017年01月19日

リセット

何事にもきっかけがあります。

きっかけは、そのきっかけこそが本質であることよりも、

その裏に隠れた本質を表面化させるための、

タイミングであることの方が多いです。





ずっと堪えてきたものが、何かのきっかけで爆発する…っていうのはよくある話ですし、

家づくりに関しても、

ここを直したい、こんなのがいいな、あんな風にできないかな?

そんな気持ちが、何かのきっかけで一気に動き出すのも同じこと。


もちろんここでも、その本質はきっかけとなったことよりも、

「ここを直したい、こんなのあるんだ、あんな風にできないかな?」の方にあります。

でも、これらの気持ちは細切れで統一感がなく、現実的で無いことが多いです。


それを現実に即したものにリセットしてもらうことも我々の仕事だと思っているのですが、

これがなかなか難しい。


いや、柔軟な方はそうでもないんですが、こだわりの強い方のお気持ちは、

そう簡単には動きません。






アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  
タグ :ひとりごと


Posted by アーキスタジオ 哲 at 15:08Comments(0)独り言

2017年01月18日

必要なもの

昨日の冷静さって、

別の言い方をすれば「無」のことです。

一所懸命考えても結果が出ないときは、

考えすぎ…っていう状態かもしれません。

一旦そこから距離をとることも大切です。


十分に冷静になって判断して戴けたとしても、

心にシートが掛かってしまっていると、

こちらからは見えるようで見えなくて、

結局、元の木阿弥になってしまうこともしばしば。





計画が始まってから工事がかかるまで、

工事が始まってから竣工まで、

そして住み始めてから…と、

時間の流れで人の考えは変わります。

家族構成だって変わるし、

子供の成長に合わせて、生活のリズムが一変するタイミングもある。

その時だけに必要なものと、

ずっと必要なものの見極めが、その答えに一番近いのかもしれませんが、

そこにも個人差があるので、

元来遠慮がちな性格の私(?)が踏み込める世界ではないことも多いです。


人間って地球で一番生息域が広い動物です。

知恵を利用して、その適応力は抜群ですから

あとでなにか考える方法があるかもしれませんよ。


…とお伝えした言葉に妙に共感していただき、

自分を納得させることができた方もおられました。


この言葉がきっかけで、

いろんなものを割り切って、いろんな衣を脱ぎ去って、

とてもシンプルで身軽になったこの方は、

その時に残ったものを元手に、

後の環境の変化で必要になった別のものを手に入れられました。

それは、計画中には絶対に必要にならないと思う…と考えておられたものでした。



なんでも 「目一杯」 はどこかで無理が生じます。

成り行きに任せて…とは言いませんが、

そこのこだわりをもう少し緩めてみるだけで、

いろんなことがすんなり流れて、

見えなかったものが見え、

手に入らなかったものが手に入るのかもしれませんね。






アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  
タグ :ひとりごと


Posted by アーキスタジオ 哲 at 10:41Comments(0)独り言

2017年01月16日

冷静さ

あの時なんであんなに「これ」にこだわってたのかな?

あの時は「これ」がよかったんですよね、でも今は…。


竣工して数年経って時々お聞きする言葉です。

時には、竣工してすぐにお聞きすることもあります。


言うこと聞いとけばよかったな…とも。





本当に必要なものと、そうでないものの見極めって難しいですよね。

それこそ、無尽蔵にお金があって、

何をどう建てても有り余る土地があってっていう条件なら

なんでも好きなようできるけど、

普通の人の現実は、そうではありません。


あとになって、

「アドバイスを聞いとけばよかったな…」と、お褒めの言葉を戴けたとしても

それは私が正しいかった訳ではなくて、

家づくりが始まって以来突き進んできた中で、

どこかに置き忘れてきた冷静さを、一度立ち止まって、

取り戻してもらってるだけなんです。


 ↑ に書いたような何でもありの状況で、

必要なものと必要でないものの見極めとか

欲しいものの優先順位をつける必要がない状況を除いては、

それらの作業がいつか必要になります。

冷静になってゆっくりと考える時間が必要になるはずです。


言ってみれば、そこまでの近道をご案内しているだけなんですよ。

時々、大きなお世話っていう顔をされるときもありますけどね。






アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  
タグ :ひとりごと


Posted by アーキスタジオ 哲 at 23:58Comments(0)独り言

2017年01月15日

行雲流水

辞書を引くと、

物事にこだわらず成り行きのままに行動すること。





サラリーマン世代には、

この言葉に魅力を感じ、将来こんな風に生きたい…というが人が多いとか。

会社に縛られていると感じているサラリーマンが

多いということの現れなのかもしれません。


かくいう私も、

細かいことは別にして、こんなスタンスに近いのかな…と思っています。


とはいえ、われわれの仕事はこだわりこそが原動力だったりするので、

それを排除すると死活問題…と思ったりもしますが、

こだわりすぎることが引き起こす弊害も多いので、

こだわりを持ったまま柔軟に対応できる発想が必要なんだと思います。


たぶんそれは、

自然な流れにゆらゆらと身を任せながらも流されない人間力みたいなもの、

に通ずるものなんだろうな…と思ったりしています。


まだまだ足りてませんね。


一つだけ注意してほしいのは、

「ふらふら」じゃなくて「ゆらゆら」ですからね。

そこはお間違えのないように!





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu  

Posted by アーキスタジオ 哲 at 08:52Comments(0)独り言

2017年01月09日

えべっさん

今日は9日、宵えびす。

「商売繁盛で笹持ってこい!」

ということで、えべっさんに行って、



商売繁盛のお願いしてきました。


繁盛しますように…




アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu



  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 13:56Comments(0)独り言