2016年12月23日

ご提案

求めておられるものを考えると、

フワフワした空間的な演出ではなく、より現実的な提案。

そして、広いお家なのに広く使えていない現実からの脱却。

そんな風に感じたので、より現実的な案を考えました。

…っていうとかっこいいけど、

フワフワした空間的な演出の提案なんて私にはそもそもできない。

一番の問題はダイニングの閉塞感と、ほとんど使っていない和室。

もともといい家なんだから、この問題を解決できればいい家に戻ります。

…ということで ↓ のご提案。

ご提案

配置のイメージをつかむまでに少し時間はかかりましたが、

ダイニングと、和室やリビングへのアクセスとその関係性が肝です。

まだまだ細かい詰めは必要ですが、

これで、ここでの生活の確固たるイメージをつかんでいただけました。

似て非なるもの。

他の方の案をじっくり見たわけではないですが、

おそらくそんなに大きくは違わないと思います。

でも、 ↑ に描いた関係性が描けていなかったのかもしれません。




同じカテゴリー(兵庫県・O邸)の記事画像
完成
盆休みだけど…
ショールーム
お話を伺いに…
同じカテゴリー(兵庫県・O邸)の記事
 完成 (2018-08-31 21:01)
 盆休みだけど… (2017-08-14 07:46)
 ショールーム (2017-08-08 23:20)
 お話を伺いに… (2016-11-25 23:58)

Posted by アーキスタジオ 哲 at 23:01│Comments(0)兵庫県・O邸
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。