枝葉末節 › 京都の建築と雑記帳 › 独り言 › 京都府・S邸 › 目立たせない改修

2017年10月07日

目立たせない改修

「ここは私が住むことになってたんだと思います。」

そんな言葉から始まった古民家再築計画。



思い通りに進まない時間もありましたが、へこたれず、

1期工事、2期工事…と徐々に完成形に近づける方法にシフトして工事開始。


一気に完成形にする工事の場合、

ここまで変ったよ!

…という出来上がりを求められることも多いのですが、

部分改修の連続で完成形を目指すこの再築は、

改修部分の見え方を改修前の他の部分と

如何に違和感なく見せるかに重点を置いています。

ですから、目新しさには欠けるのですが、

その分、安心感と落ち着きに満ちた土間空間となりました。



ということで、まずは1期工事が完了です。




アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu




同じカテゴリー(京都の建築と雑記帳)の記事画像
京都国際会館
解体清祓いの儀
時間軸
路地奥
素朴さと古民家らしさ。
独自ルールで…
同じカテゴリー(京都の建築と雑記帳)の記事
 京都国際会館 (2018-02-13 14:15)
 解体清祓いの儀 (2018-01-08 00:54)
 時間軸 (2017-09-15 01:02)
 路地奥 (2017-09-10 01:12)
 素朴さと古民家らしさ。 (2017-08-31 22:12)
 独自ルールで… (2017-08-24 00:41)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。