枝葉末節 › 独り言 › 古民家 › インスペクションの副作用

2017年08月25日

インスペクションの副作用

先日古民家床下診断の講習を受けましたが、


古民家床下診断では、

クライアントはパソコン画面に釘付けになります。


古民家鑑定書が出来上がってご説明に伺うと、

その内容に涙を流して喜んでいただけた事もあります。


伝統耐震診断では、

昨今の耐震に対する意識付けのお蔭で、

その結果に一喜一憂することなく冷静に聞き入っていただけます。





その3つが揃った古民家インスペクションは、

それぞれの見方でその建物のコンディションを診るという

技術的な診断ではありますが、

その結果もさることながら、

いまどういう状態なのか…が分かったことによる

クライアントの心の充足度にも作用していることを痛感します。


副作用というより、こっちの方が本来の目的に近いのかもしれません。






アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu



同じカテゴリー(独り言)の記事画像
平成の大工棟梁検定 番外編
きっかけ
…だったらどうする?
当り前を少しアレンジする
最古級の便器
謙虚さ
同じカテゴリー(独り言)の記事
 平成の大工棟梁検定 番外編 (2017-09-23 01:01)
 きっかけ (2017-09-22 01:06)
 …だったらどうする? (2017-09-21 01:32)
 当り前を少しアレンジする (2017-09-13 08:29)
 最古級の便器 (2017-08-26 23:15)
 謙虚さ (2017-08-19 08:50)

Posted by アーキスタジオ 哲 at 21:30│Comments(0)独り言古民家
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。