枝葉末節 › 独り言 › 謙虚さ

2017年08月19日

謙虚さ

「住宅は住むための機械である」

とは、巨匠 ル・コルビジェ のことばですが、

「住宅の謙虚さが住む人の生活を引き立たせます。」

…と、誰かが言ったとか言わないとか。


感じ方は人によって違うのでしょうが、

私は、教訓にしている言葉の一つです。


例えば、


晴れの日に着飾って、

玄関先で撮った家族写真がバックの住宅に負けていたり。





記念日にもらった花束や節句の飾り物が、

背景に飲み込まれてしまっていたり。


少し無理して買った絵画を飾ってみたけど、

飾るところもないし、飾ったとしても全く映えなかったり。


そんな状況は、想像に難くありません。





古民家の様に自然素材だけで…という訳には行かないかもしれませんが、

そういった謙虚さが、生活の彩をより鮮明にしてくれるはずです。






アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu




同じカテゴリー(独り言)の記事画像
平成の大工棟梁検定 番外編
きっかけ
…だったらどうする?
当り前を少しアレンジする
最古級の便器
インスペクションの副作用
同じカテゴリー(独り言)の記事
 平成の大工棟梁検定 番外編 (2017-09-23 01:01)
 きっかけ (2017-09-22 01:06)
 …だったらどうする? (2017-09-21 01:32)
 当り前を少しアレンジする (2017-09-13 08:29)
 最古級の便器 (2017-08-26 23:15)
 インスペクションの副作用 (2017-08-25 21:30)

Posted by アーキスタジオ 哲 at 08:50│Comments(0)独り言
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。