枝葉末節 › 古民家再生協会 › 独り言 › 京都の古民家インスペクション

2017年08月09日

京都の古民家インスペクション

京都市内で行った古民家インスペクションは、

緑に包まれたロケーションにある、



昭和59年以前に移築された古民家でした。


真夏の暑さの中でも、それほどの暑さを感じずに、

インスペクション作業が出来ました。

とても心地のいい建物でした。


夏場の冷房はあまり必要ないかもしれませんが、

反面、冬場はちょっと心配かも…。





古民家の良さを生かしながら、現代風に改装もされていて、

とても好感の持てる建物でした。


問題が全くなかった訳ではありませんが、

その問題点を見極め、処置が必要な時に処置することが大切です。


インスペクション後、少しお時間を戴いて、

報告書が出来る前のあくまでも、速報、印象…ということで、

依頼者の方といろいろお話しさせていただきました。


見えなかったものが見えてくる安心感にご納得いただき、

とてもよろこんでいただけました。

古民家だからこその、

インスペクションの重要性を再認識して戴けたと感じています。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu



同じカテゴリー(古民家再生協会)の記事画像
平成の大工棟梁検定 番外編
きっかけ
…だったらどうする?
玉野市での伝統耐震診断 2
玉野市での伝統耐震診断 1
心地よさを体現する
同じカテゴリー(古民家再生協会)の記事
 平成の大工棟梁検定 番外編 (2017-09-23 01:01)
 きっかけ (2017-09-22 01:06)
 …だったらどうする? (2017-09-21 01:32)
 玉野市での伝統耐震診断 2 (2017-08-13 01:13)
 玉野市での伝統耐震診断 1 (2017-08-12 00:58)
 心地よさを体現する (2017-08-02 00:41)

Posted by アーキスタジオ 哲 at 01:51│Comments(0)古民家再生協会独り言
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。