枝葉末節 › 独り言 › 酷暑のなか…

2017年07月15日

酷暑のなか…

普段デスクワーク中心で、

酷暑のなかに身を置く機会の少ない職種なので、

私にとってこの酷暑は、外に出たとたんに目がくらみそうなほどです。


最近の暑さは、私には、

「暑」というよりも「熱」に近い様にさえ感じられます。


そして、そんな私が、先般、

なぜか、お客さん宅のエアコンの取付工事に立ち会うことに…。


立ち会ったといっても、

工事の日に合わせて打合せの予定を入れた…ということで、

工事を見ながら、そばでお客さんと別の打合せを…という感じですけどね。


それでも、最初は職人さんやお客さんと

「暑いからエアコンの点けましょうか…」と冗談をいう余裕もあったのですが、

そう言いながらも汗が止まらない…。



写真 ↑ はそのお宅ではありませんが、まぁこんな感じ。


でも、こんな空間 ↑ のなかに長くいると、

時間とともに体が慣れ、

時折通り抜ける風が涼しく感じ始めました。


で、ふと気が付くと汗が引き、最初程の暑さを感じなくなっていました。


容赦ない陽射しから守ってくれる大屋根と大きく出た庇の効果、

そして、

日本の気候風土に合った風通しの良い間取りの有難さを改めて感じた次第です。


ま、それは屋内に居るときの話で、外に出ればそこは灼熱、酷暑。


のぼせているかのような感覚のなか、

身体全体で海水浴の後のような皮膚感覚を覚えつつ、

日頃の何倍も疲れている自分を感じながら、

やっとの思いで帰宅したことは誰も知りません。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu



同じカテゴリー(独り言)の記事画像
平成の大工棟梁検定 番外編
きっかけ
…だったらどうする?
当り前を少しアレンジする
最古級の便器
インスペクションの副作用
同じカテゴリー(独り言)の記事
 平成の大工棟梁検定 番外編 (2017-09-23 01:01)
 きっかけ (2017-09-22 01:06)
 …だったらどうする? (2017-09-21 01:32)
 当り前を少しアレンジする (2017-09-13 08:29)
 最古級の便器 (2017-08-26 23:15)
 インスペクションの副作用 (2017-08-25 21:30)

Posted by アーキスタジオ 哲 at 21:39│Comments(0)独り言
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。