枝葉末節 › 独り言 › あんまりよくしなくていいですよ…

2017年01月31日

あんまりよくしなくていいですよ…

以前、変わった依頼がありました。


お話を伺ってプレゼンした最初の提案をすごく喜んでいただいて

設計を進めることになりましたが、その後のヒアリングの中で、

「そんなに良くしなくていいですよ…」とか、

「元のままでいいから…」といった言葉が頻繁に聞かれるようになりました。


予算を気にされているのかと思って聞いてみると、そうではありません。

古い街に住むその方は、周りの目を必要以上に気にされているようでした。





さあ、どうする?

私は、与えられた条件の中で、

少しでもよくすること、

少しでも使い勝手よく使える事、

快適になること…を考え続けて今に至っています。

良くしなくていいといわれるとどうしていいのかわかりません。

また、使い勝手が悪い…というお話を聞いているにもかかわらず、

それと同じでいいと言われても、はいそうですか…という訳にはいきません。


結局は、いつもと同じように考え、いつもと同じようにお仕事をさせていただきましたが、

控えめに、地味に、そして目立ちすぎないように

…ということをずっと意識しました。


結果的に、喜んでいただけたからよかったものの、

いつも以上に気をつかったような気がします。


地域や近隣への気遣いは必要なことですし、

素晴らしいことだと思います。

あまりに近隣を無視した物ができそうなら、

それぐらい強い意思表示があってもいいのかもしれません。


しかしそうでないなら、

使い勝手が悪いけどそのままでいいとか、

あまりよくしないでいい…という気遣いは無用な気がします。


逆に、こんな風にしたら便利がよくなったよ…と軽く自慢するぐらいの方が、

自然な流れのような気がするんですが、

その地域に住んでいない私には分からないことがたくさんあるようです…。






アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu


タグ :ひとりごと

同じカテゴリー(独り言)の記事画像
当り前を少しアレンジする
最古級の便器
インスペクションの副作用
謙虚さ
蝉の社会。
小さな緑
同じカテゴリー(独り言)の記事
 当り前を少しアレンジする (2017-09-13 08:29)
 最古級の便器 (2017-08-26 23:15)
 インスペクションの副作用 (2017-08-25 21:30)
 謙虚さ (2017-08-19 08:50)
 蝉の社会。 (2017-08-18 07:04)
 小さな緑 (2017-08-17 10:18)

Posted by アーキスタジオ 哲 at 06:07│Comments(0)独り言
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。