枝葉末節 › 独り言 › 必要なもの

2017年01月18日

必要なもの

昨日の冷静さって、

別の言い方をすれば「無」のことです。

一所懸命考えても結果が出ないときは、

考えすぎ…っていう状態かもしれません。

一旦そこから距離をとることも大切です。


十分に冷静になって判断して戴けたとしても、

心にシートが掛かってしまっていると、

こちらからは見えるようで見えなくて、

結局、元の木阿弥になってしまうこともしばしば。





計画が始まってから工事がかかるまで、

工事が始まってから竣工まで、

そして住み始めてから…と、

時間の流れで人の考えは変わります。

家族構成だって変わるし、

子供の成長に合わせて、生活のリズムが一変するタイミングもある。

その時だけに必要なものと、

ずっと必要なものの見極めが、その答えに一番近いのかもしれませんが、

そこにも個人差があるので、

元来遠慮がちな性格の私(?)が踏み込める世界ではないことも多いです。


人間って地球で一番生息域が広い動物です。

知恵を利用して、その適応力は抜群ですから

あとでなにか考える方法があるかもしれませんよ。


…とお伝えした言葉に妙に共感していただき、

自分を納得させることができた方もおられました。


この言葉がきっかけで、

いろんなものを割り切って、いろんな衣を脱ぎ去って、

とてもシンプルで身軽になったこの方は、

その時に残ったものを元手に、

後の環境の変化で必要になった別のものを手に入れられました。

それは、計画中には絶対に必要にならないと思う…と考えておられたものでした。



なんでも 「目一杯」 はどこかで無理が生じます。

成り行きに任せて…とは言いませんが、

そこのこだわりをもう少し緩めてみるだけで、

いろんなことがすんなり流れて、

見えなかったものが見え、

手に入らなかったものが手に入るのかもしれませんね。






アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu


タグ :ひとりごと

同じカテゴリー(独り言)の記事画像
当り前を少しアレンジする
最古級の便器
インスペクションの副作用
謙虚さ
蝉の社会。
小さな緑
同じカテゴリー(独り言)の記事
 当り前を少しアレンジする (2017-09-13 08:29)
 最古級の便器 (2017-08-26 23:15)
 インスペクションの副作用 (2017-08-25 21:30)
 謙虚さ (2017-08-19 08:50)
 蝉の社会。 (2017-08-18 07:04)
 小さな緑 (2017-08-17 10:18)

Posted by アーキスタジオ 哲 at 10:41│Comments(0)独り言
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。