枝葉末節 › 独り言 › 読み直し

2016年12月27日

読み直し

本棚で資料を探している時に、

昔買って読み始め、途中で挫折した本に目がとまりました。


当時の私には、理解しがたく、苦しんだまま読み進めましたが、

結局、途中で断念するに至った本です。





…が、今回読み始めてみると、あんなに苦しんだはずの内容が、すんなりと入ってきて、

手に取ってから数時間で、一気に読み終えてしまいました。


私が成長したのか、今の私の考え方に合っていたのか。

なぜ以前はあんなに苦しんだのかがわからないほどでした。


なにはともあれ、

途中で挫折した負い目から、その人の著作を避けていた呪縛から解放されました。


一つの単純な理由で避けてきたもの、避けざるを得なかったものも、

また別の単純な理由で受け入れられるようになります。


頑ななまでのこだわりは、

好みの問題を越えた意味のない自己暗示なのかも知れませんね。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu


タグ :ひとりごと

同じカテゴリー(独り言)の記事画像
当り前を少しアレンジする
最古級の便器
インスペクションの副作用
謙虚さ
蝉の社会。
小さな緑
同じカテゴリー(独り言)の記事
 当り前を少しアレンジする (2017-09-13 08:29)
 最古級の便器 (2017-08-26 23:15)
 インスペクションの副作用 (2017-08-25 21:30)
 謙虚さ (2017-08-19 08:50)
 蝉の社会。 (2017-08-18 07:04)
 小さな緑 (2017-08-17 10:18)

Posted by アーキスタジオ 哲 at 00:27│Comments(0)独り言
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。