枝葉末節 › 建築独り言 › 部分…

2016年12月26日

部分…

部分ってどれだけの意味を持つのだろう?

そんなことを考えることがあります。


時代は既に量から質の時代、

部分を軽視しては全体が成り立たない。

でもね、全体がないと部分ってその存在すら与えられないんですよね。


全体は部分の集合体、部分は全体の構成要素。

どちらかが欠けても成り立ちません。

今の時代、部分はそれほど重要な意味になっています。





そんな当たり前のことさえ見失うほど世の中は情報にあふれ、

知らず知らずのうちにそれに惑わされています。


私の場合、そんな時はまず原点回帰。

ゼロから改めて考えを組み立て直します。

それが有効なこともあれば、全く無駄なこともあるけれど、

見失ったまま進むよりは、

今、必要な情報かどうかが見えてくるような気がします。


全てはバランス。

バランスが崩れた状態のままでは、次の何歩かはごまかせても、

次のステージまでは進めません。





アーキスタジオ 哲 一級建築士事務所
email:tkimura@archi-tetsu.com
URL:http://www.archi-tetsu.com
blog:http://astkim.citylife-new.com
Photo album:http://archi-tetsu.blogspot.jp/
facebookpage:https://www.facebook.com/archi.studio.tetsu


タグ :ひとりごと

同じカテゴリー(建築独り言)の記事画像
蔵戸の底力。
既存住宅状況調査技術者講習
長浜で伝統耐震診断
雨音
香川県で伝統耐震診断
楽しい打合せ
同じカテゴリー(建築独り言)の記事
 蔵戸の底力。 (2017-05-16 10:07)
 既存住宅状況調査技術者講習 (2017-05-13 23:57)
 長浜で伝統耐震診断 (2017-05-01 09:12)
 雨音 (2017-04-27 02:00)
 香川県で伝統耐震診断 (2017-03-07 11:17)
 楽しい打合せ (2016-12-29 08:25)

Posted by アーキスタジオ 哲 at 00:17│Comments(0)建築独り言
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。