2016年06月12日

「山を見る」

「山」を見せていただいた。

山というのは、製材所が持っている山のこと。



ここの木は、ほぼ販売することもないので

山の手入れがほとんどできていないという話でしたが、

それでも、枝を払った杉がまっすぐに伸びて、美しい。



また、木々が発するマイナスイオンいっぱいの空気が清々しい。


雪害で上部が折れた木を、間伐の意味もあって、目の前で伐採して見せてくれた。

倒れるまでのチェーンソーでの作業は、テレビでよく見る光景。

そして木は、「こっちに倒すよ」といった方向に寸分違わず倒れていく。

驚いたのは、倒れる瞬間の迫力。

これは映像では伝わらない。

これを体験できただけでも、おそらく自分の中の何かが変わった。



木が大好きなお父さんの即席講座が始まる。

木を倒す技術、木を切る時期、間伐する材の見たて、

国産木材を扱うものとしての現実、国産材の普及に対する木の製造者としての考え方。


この空気を体で感じ、この音を聞き、こんな話を聞くことで、

これから家を建てようとする人の気持ちにも、何かが響くはずですよ。


ご一緒に体験してみませんか?


「木のソムリエツアー」





  


Posted by アーキスタジオ 哲 at 12:09Comments(0)建築独り言